GRAVITY-Soliloquy

POWERMETALバンドGRAVITYの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

渡り鳥

今更だが、RAGEからマイクテラーナが脱退ってのは残念だ。
もともとマイクテラーナがRAGEに加入ってニュースを聞いたとき、「あんな手数が多いドラマーが入るのか、長続きするのか?」と思ったものなのでやはりという気もする。
どこかに落ち着いて活動してるイメージがないからなあ。
とりあえず後任が誰になるのか気になるね。

それにしても、マイクテラーナもどこに行くかと思ったらマスタープランに加入ということらしく…。
こっちはこっちでウリカッシュ脱退っていうので吃驚した。
ウリカッシュはどこに行くんだ?
こうなると、もうトコロテン方式ですな(笑)。

さて、マスタープランでは長続きするのだろうか。

スポンサーサイト

PageTop

WILD ANIMAL

ちょっと前にアライグマが国内で大繁殖というニュースがあった。
もともとはペットとして飼われていたものが、すてられたりなんかしているのが原因らしい。
もともと飼われている個体数なんて限りがあるだろうに大繁殖というのだから、大陸産の動物はやはり違うなぁ。…なんて思いつつ、”大繁殖”っていうのが具体的にどれくらいの数なのか調べようとしてみたら、どうもはっきりとした数字が出てこない。
増えている原因として天敵がいないからということのようだが、野良猫なんかも天敵は特にいないような。
まあ問題は、どれくらい個体数が増えたかというより農作物の被害だとかの具体的影響のほうなのかもしれない。

捨てた人にしてみれば、野生の動物でも小さいうちから育てれば人の言うこと聞くようになる思ったんだろうなぁ。
アニメ”あらいぐまラスカル”が原因で、ペットとして飼われるようになったとのことだが、そのアニメの中でも、人の手に負えなくなっていくのだから皮肉なものだ。たしか、最終回は森の中に帰すんだよね。

”小鹿物語”も、似たような話があって最後は悲惨なことになるんだよな、そういえば。
あの最終回はちょっとトラウマっぽい記憶になってたりする…。

PageTop

史跡巡り

なんとなく湯島聖堂に行ってきた。
敷地内に入ったとたんに、都会の喧騒から隔絶された雰囲気。
建物自体は、建てられてから何度も(!)焼失しているとのこと。
現在は鉄筋コンクリート作りみたいだが、そのせいか日本ぽくない気もする。
何度も焼失しているのにもかかわらず、入徳門が焼失を免れているというのは奇跡か。
空襲のときに一部焼失しているようだけど。
その一部がどの場所なのか見た限りは判別がつかなかったのだが、1704年に建てられたということで、じっくりみてきた。
それにしても300年以上経っているように思えないな…。
(というか、火災報知気の直付けは???。)
他の史跡もそうだけど、木造建築物はある程度年数が経ってしまっても劣化が見られないケースが多い。その辺については詳しくないので良く分らないが、メンテナンスの問題なのだろうか?。

この付近の地域は、昭和初期の建築も他にあったりするのだが、見ているとコンクリ系の方がメンテナンスを要するのかなあとも思う。
そういえば、かの有名な軍艦島の写真をみていても、コンクリート建築の儚さみたいなものを感じさせられる。あれは放置されているからまた違うケースとも言えるが…。

PageTop

RJP

佐山さん負けちゃったのね。
そりゃあ50歳近いとは言え…なんか残念だ。
伝説の続きを見せて欲しかったぜ、というか。
そもそも見に行けなかったんだけど(笑)。
リベンジするつもりはあるみたいなので今後に期待か。

ここのところ、プロレス界も一時期よりは面白そうな動きがでてきたようで、私自身も少し気になってきた。しかし、以前から流れをしっている人でなければ興味を引かれないのが皮肉なとこだ。
果たして、新しいファン層を取りこむことができるかと言うと…。
まあ前よりも人気が随分下がってしまったことを考えると、まずは昔のファンを引き込むのも正解なのかも。

それにしてもWWEは結構人気があるのに、日本でプロレス人気が下がる一方なのは何でなんだろう?

PageTop

回帰

メタリカが次回作について、Master Of Puppetsのようになると語っているらしい。
これが本当なら、ちょっと興味がある。
しかし、ミュージシャンのこういう発言をほどアテにならないものはないんだよなあ。
音楽を聴くだけだったころ、バンド側がインタビューされて「次は1st路線に戻るぜ」なんて言ってたのを読んで、実際聞いてみたら違ったなんてことがあると、おいおい嘘つくなよな等と思っていたものだ。
(似たような話で、次はHEAVYな作品になるぜ!と宣言していたのに、あんまり変わってないなんてことこも良くあった)
過去に作った曲の雰囲気をもった曲を作ろうとしたとして、結局は現時点での感性や方法論によって作られるわけだから、同質のものが再現されることが無いというのは理解できるのだが。
まあ、わかったような事言いつつ、こういう発言があるたびに何だかんだいって期待しまう。
しかし、メタリカくらい音楽的変遷があると、よほど意図的に曲を作らない限りは過去のサウンドに戻るのは難しそうだ…。
果たしてどういう形で”Master Of Puppets”に近づくのだろう?

それにしても、”Master Of Puppets”って20年前のアルバムになるのね。

PageTop

炎のボーカリスト

寺尾聡ってもうすぐ還暦らしい。
もう、そんな歳だったのか。
言われてみれば納得という感もあるが。

そういやあディオは、とっくに還暦過ぎてる。
あのストロングスタイルな歌唱で、何十年も歌い続けているってのは驚異的だね、良く考えれば。
そんなわけで、ひさしぶりに、DIOのHOLY DIVERを聴いてみた。
(ところで、邦題が”情念の炎”ってのは無理があり過ぎのような…。
ジャケ絵にも何にも関連性が見られない。)
改めてライナーノーツもよんでみたんだが、
ジミー・ベインが酷い言われようなんだな、これ(笑)。
Stand Up and Shout作っただけでも良い評価与えてやっても良いだろうに。
それはさて置き、こうして聞いてみると、こういうシンプルなサウンド(最近のに比べてという意味)は、やっぱり素材の良さで勝負って感じになるね。
隙間があるからこそ、素材の良さを味わえるというか。
それ故の魅力というのがあると思うのだが、最近はそういうサウンドの作品って少ないような気もする。

寺尾聡の話はどこに行った。

PageTop

懐かしのMSX

突如MSX・FAN(注:MSXというパソコンの雑誌)の”おはなしこんにちは”というコーナーを思い出した。古いな。
というか我ながら未だに覚えているのが不思議だけど。
なんだか、読者とバボさんというライターのやり取りが絶妙だった記憶があるが、なんせ昔の記憶。
子供の頃にかっていた雑誌なんぞ手元に残っているわけもなく、確認しようがない。
さて、じゃあ今も何か書いているのだろうか?なんて思い、こんなときこそインターネット、というわけで早速ウェブで検索。
・・・とりあえず、現在の状況は不明だが、多くの人が同じように面白いと感じていたと知いうことがわかった。
良い時代になった・・・とは言えないかもしれないが、いやー便利な時代になったもんだ。
当時はファミコン全盛時代だったけど、自分はMSX派だったんで、級友達と共通の話題にして盛り上がるなんてことは出来なかったからねえ。

そういや、あのころはマイクロソフト?なんじゃそれって感じだったけど、まさかこんな巨大な存在になるとは(笑)。

PageTop

忘れた頃に

初代タイガーこと佐山聡vs鈴木みのる 
の試合があるらしい。
しかも、エキシビジョンじゃないところが凄い。
なんというか、こういう全く期待していなかった組み合わせの試合って得したような気分だ。
プロレス的アングルで進んでいくのか、セメントマッチ的な展開が起こり得てしまうのか…。
ベテラン同士の試合だが、組み合わせ次第でまだまだ話題を作ることができるという証明かもしれない。

それに何と、この大会で、トンパチマシンガンズが復活するとのこと。
いったい何年ぶりなんだろう。
(というか小野選手って、引退してたと思っていたんだが)
参加選手をみると、どうやらバトラーツ人脈が多く参加することになるみたいだね。
そういう意味でも、久しぶりに面白そうだ。
試合、見に行きたくなってきた。

ところで、同じ名称のブログがあるようなので、このページのタイトルを変えてみました。
なんのヒネリもないタイトル(笑)。

PageTop

今更

なんか一日書き逃すと、再び書くタイミングがつかめなくなる。
このままだと、いつ書くことになるかわからないので、少しだけ書いておこう。
朝のテレビで公判中のあの人から「世界のため、人類のため」なんて発言が出ていたけど、何か恐ろしく違和感のあるフレーズだなぁ、と思った。
本人としては真剣にそう思っているのかも知れないけど、色々な意味でバイアスかかった見方しか出来なくなっているから…。
どっちにしても矛盾は感じたが。
ところで、そもそも公判中の人をテレビに出すのってアリなの?

それで思い出したが、某小説家の「金が一番っていう価値観は良くない」みたいな発言がニュースになっていた。
今更な感もあるが、こんなことを改めて言わなきゃならんっていう状況そのものが、悲しいところだわね。

PageTop

紅白

今年の紅白は目玉がないと騒いでいるようだ。
うーん、そもそも必要以上に盛り上げる必要があるんだろうか?
中途半端に若者受けなんか狙わなくても良いのに。
紅白は、徹底的に保守路線を貫くのが正解だと思うよ。
もうあれは行事みたいなものなんだからさ。

そもそも大晦日に、ワーワーキャーキャーって感じの雰囲気は違和感がある。
そういや大晦日の”浮かれた”感じって、いつから始まったんだろ。
カウントダウンとか…。

浮かれて騒いでんのに、除夜の鐘きいて煩悩を取り除きましょう、なーんて何か変じゃないかと思うんだがね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。