GRAVITY-Soliloquy

POWERMETALバンドGRAVITYの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

玄人好み

昨日の話を引き摺ってしまうが、色々と情報を調べてみるとフォークダンスDE成子坂は芸人受けする芸人達だったようだ。妙に納得。
少なくとも異彩を放っていたのは間違いないから、同業者からみても気になる存在だったであろうことは想像に難くない。
解散しなければ、もしかすると今頃もっと高い評価を受けていたかも。

ところで、これは音楽でいうところの所謂Musician's Musicianってヤツだね。
メタル系のバンドで言えば、個人的にすぐ思いつくのはWatchTowerか。
アルバム2枚で終わってしまったが。
DreamTheaterも初期はそんな感じの扱われ方だったと思う。

大抵の場合、どんなジャンルでも玄人受けする類のものは、世間からの正当な評価が時間差をもって行われることが多い。
絵画もそうだし、音楽、小説だってそう。
人から聞いた話だが、後に有名になった作家の作品が、ある賞の選考の対象になった際、正当な評価を与えたのは著名な作家だけであった、という事があったらしい。
ネット上で見ていると、売れない=それだけ実力がないからという意見を言う人が意外に多いんで驚きなのだが、そんな単純な問題でないことはこの例でもわかると思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。